家庭で出来る防災訓練方法

家庭で行える防災訓練とは

家庭でできる防災訓練とは?

災害への備えとして、道具などグッズを準備するのはもちろん大事ではありますが、必ずしも自宅にそのまま居続けることが出来るとは限りません。家を離れることになった場合、どのように行動するのが正解でしょうか。 また、各種災害に備え、家の中にも色々と備えておく事が出来るものがあります。

自宅に備えておきたい防災グッズ

大きな地震災害などが起きた時、近くのスーパーやコンビニへの物流が止まる事があります。また、水道やガスなどの各種ライフラインも、同様に止まってしまう可能性があります。それらに備え、しばらく生活できるよう家の中に置いておいた方が良いものをまとめました。

災害に備えて知っておきたい知識と家の中の備え

未だ多くの人々の記憶に大きな傷跡を残す、東日本大震災。それまでも関東大震災や阪神淡路大震災などの大災害はありましたが、東日本大震災の発生からは、少々大きめの地震が起きやすくなりました。毎年マグニチュード6前後の大きな地震災害も日本各地で発生しています。
また、様々な科学者や研究者も、毎年のように次なる大きな地震災害の発生を予期しています。
いつ自分の住んでいる場所に地震災害が発生するのか、誰にもわかりません。いつ自分が災害に巻き込まれても対応出来るように、日々の備えが必要とされている時代になっているのです。
また、地震だけが災害ではありません。近年では洪水災害も多く起きていますし、台風災害もあります。自然災害だけではなく、火事も忘れてはいけません。どれも、いつ起きても不思議ではない事ばかりです。
日々の備えとしての非常持ち出し袋の準備をしておくことは重要ではありますが、災害時にどう行動すれば良いのか知っておく、防災訓練を普段からしておきましょう。
ただ、防災訓練と聞くと恐らく真っ先に思い起こすのは学生時代の避難訓練ではないでしょうか。放送室から災害のアナウンスがあり、教員の支持に従って、整列して慌てず騒がず校庭に避難して整列…。場合によっては消防署からはしご車や起震車が来て体験する事もあったでしょう。
しかし、各自の家庭で防災訓練とはどうすれば良いのでしょうか?どこへ避難すれば良いのか、どう動けば良いのかなど誰も教えてはくれません。
このサイトでは、家庭で行える防災訓練のやり方をまとめております。防災訓練と言っても、家庭内ではいちいち整列して出る必要は無いので、基本的には災害時の為の備蓄品や、知っておくべき情報を確認しておくことです。
こちらで災害時にどう動くべきか知る事そのものが、防災訓練とも言えますね。

持ち出し袋の中身とシミュレーション

家を離れる必要が出た場合の非常持ち出し袋。ページ2で紹介したものは当然入れるとして、それ以外に必要なものをまとめました。ちなみに、持ち出し袋は持ち出しやすいよう、玄関の近くに置くようにしましょう。 また、防災知識は知識として知っておくだけでなく、実際に活用出来るかシミュレーションしておきましょう。

おすすめリンク

TOPへ戻る